物質ってなによ(2/2)

○物質と空間、場は一様である

場は、その発生源である物質の一部である。

場は物質のように領域を占領し、物質を取り囲む。

その場は慣性系において物質が剛体であるように、

物質とともに剛体として存在する。伝播するもの

として物質の周りに存在するものではなく、

場の広がりまでを持って一体として物質である。
2つの物体が近づくときに、その重力場が物質に

遅れて近づくというようなものではない。

その意味でニュートンの主張した無限の速さで伝わる

遠隔力は正しいと思う。

それは電荷の周りに存在する電場についても同じである。

もっと掘り下げれば物質自体が

場による空間の領域の性質であるということになる。
唯一の例外が電磁場である。

光、電磁波は物質から離れてそれ自身で

存在する。

物理的な存在という意味で物質と電磁波は2大双璧をなす。

○超時(時間に縛られないこと)

物質はその安定性のゆえに時間経過に

変化をしないことが多い。この特性のために

記録や、記憶や、化石や、遺跡をつかさどる。

過去はすべて物質によって、表現される。

私たちの記憶の機関である脳もまた

物質である。写真も音楽メディアも

BDもすべて物質である。

○位置の保持

これも最も大切な物質の特徴である。

位置の相対性(ガリレオの相対性)で述べたように

お互いに相対的に、位置と運動の関係を持つ。

宇宙において、単独で運動する物体など

存在しない。

このアプリオリ(直感的)な概念は、

光速不変を凌駕するというか、打ち破って

しまうものではないかと考えている。

こんなことは当たり前のことと思うがもう一度整理しておきたい。物体が等速直線運動していることと、静止していることはまったく意味が同じで、これを物体が慣性系にある…

時間や空間ををゆがめたるする必要はない。

現在の時間に関する認識は大きく違うと思う。

少なくとも慣性系において、相対速度のみで

時間がずれるのはおかしくないかい。

加速度系や加重系では話は異なるが・・

時間についてはまた書く。

ありのままの自然や、世界の姿を映し出そう。

バズ思考の4次元や、時空空間?

など捨て去ろう。


「物質ってなによ」完く

筆者:hayana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。